【シャドウバース】ナテラ崩壊環境で勝てる格安ミッドレンジロイヤルデッキの紹介と解説

シャドウバース

今回はナテラ崩壊のローテーション環境で勝てるミッドレンジロイヤルのデッキと使い方を解説していきたいと思います!

現環境では機械ヴァンパイアや自然ドラゴンなどが多く、ロイヤルはほとんど見かける事がありませんが、そんな環境でもしっかりと勝てて尚且つエーテルも安めで作れるデッキとなっていますので、こんな環境だからこそロイヤルを使って勝っていきましょう!

ほとんど見かけないクラス、デッキだからこそ相手にはどんなデッキかあまり知られていませんし予想がされにくいというのも勝てるポイントにもなってくるので、そう意味でも現環境でもしっか通用するデッキとなっています。

それでは早速デッキ紹介からいきたいと思います!

デッキ紹介

デッキコードはこちら

進化ロイヤルなどと比べると安くはなっているんですが、もしレジェンドを抜くとしたら7コスの”ライノスナイト・パトリック”を2枚にして”ペインレスサムライ”を追加しても良いと思います。

ただ、前回環境で猛威を振るっていた進化ロイヤルでも使われていたカードが多く含まれているので、割と簡単に作れる方が多いと思いますので、そう意味でも格安で作れるのではないかと思います。

戦い方解説

という事で、このデッキの扱い方について解説していきたいと思います!

初手はどうする?

初手に関しては深いことは考えず1、2、3コスという風にしっかり序盤から動いていきたいので、出来るだけ1コスのクイックブレーダーを狙っていきます。

2コスに関してはかなり入っているのでそこまで心配することはありません。

試合の流れは?

基本的なスタンス的には早めのミッドレンジロイヤルという感じなので、序盤から相手の盤面はあまり気にせず顔を詰めていき6、7、8ターン目で勝負を決めていくデッキになります。

特に対ドラゴンなどは序盤はあまり盤面に干渉してこないので、しっかりフォロワーを展開して攻めていきたいところです。

強い動きとして、5ターン目にしっかりフォロワーを展開しておいて”信念の剣閃”を6エンハンスで使うことによって、一気に攻める事ができます。

という感じで、先ほどの盤面で”信念の剣閃”を使うとこのように、相手の盤面を除去しながら、1/1疾走を2体展開して更に全員をプラス1/1してくれるという破格の強さなので、こういう展開も狙っていきたいところですね。

これが理想的な6ターンリーサルですね。

こんな感じでガンガン攻めていくんですが、最後の詰め方としては他にも

このコンボは最短で7ターン目に使用できて7点疾走を飛ばす事ができます。

ただ気をつけなければいけないのが、”ライノスナイト・パトリック”の効果が自分の場に何もフォロワーがない場合なので注意して使いましょう。

他にも”麗しきフェンサー”には強い使い方があり、

リーサルを取りたい前のターンにエンハンスで”無敗の剣聖・カゲミツ”を使って自爆しておく事で、次のターンに”麗しきフェンサー”を出てきたカゲミツに使うことによって疾走を持ち高火力を発揮する事ができます。

進化回数に依存するカゲミツのスタッツですが、普通にプレイしていれば進化回数は結構稼げるので、あまりきにすることはありません。

上の画像の場合は、フェンサーの効果をカゲミツに付けて進化回数が5回なので、これで攻撃すれば7点にるのであとはクイックブレーダーで進化すればリーサルとなりますね。

しかも、手札にはクイックプレーダーがもう1枚あるので最大ダメージを出そうと思ったら12点だせますね。

という感じで、序盤にちまちまダメージを与えながら中盤で大ダメージを与えて勝ち切ろうというコンセプトになっています。

他にも、ペインレスサムライが取られずにフェンサーや剣舞で攻撃力を上げながら有利に進めていくパターンもできますし、どんなデッキに対しても攻め切るだけなので、あまり考えず使う事ができます。

まとめ

という事で、今回はミッドレンジロイヤルに関してデッキの紹介と解説をしましたが、やはり現環境ではパワーカードの多い機械ヴァンパイアなどに押されてロイヤルの氷河期になっていますが、全然勝てるので1度使ってもらえたら嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました